革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

ご祝儀・祝儀袋         

結婚式の招待状に出席の返信をした後、結婚式までに用意しなければいけないものがあります。

なかでも一番大切なのが、御祝儀です。
結婚式の受付の時に、渡すものです。
これだけは、決して忘れてはいけない大事なものです。
なので、結婚式の一週間前ぐらいにはきちんと忘れず用意しておきましょう。

御祝儀に関しては、色々悩まれる人も多いかと思います。
悩みの一つとしては、金額です。
でも御祝儀には、おおよその相場というものがあります。
なので、それ以下にならなければ失礼にあたることはありません。

まず招待された立場によって、御祝儀の金額も異なってきます。
友人や職場の仲間としての出席の場合は、3万円が相場です。
ただし例外として、友人として参列して金額が変わる場合があります。

まず一つは、自分が結婚していて夫婦で参列して欲しとお願いされた場合です。
この場合招待側は、お2人分のお食事・引き出物などお1人より負担が増えます。
その分お祝いも多く包むのが望ましいです。
相場としては、5万円~ぐらいになります。

二つ目は、自分の結婚式が先で、御祝儀が3万以上もらっていた時です。
自分がお祝いの額と同じ額をお返しするのが常識です。

三つ目は、会費制の場合です。
よく友人として招待されたり、立食などの気軽な披露宴の場合に多いです。
必ず会費制の場合は、金額が提示されています。
なので、その金額を準備しておけば失礼にあたりません。

他には、結婚式で主賓であいさつをお願いされている場合や親族として出席する場合もあります。
主賓の場合は、相場で5万円ぐらいです。
親族の場合も参列する人数にもよって異なりますが、夫婦で参列するときは最低5万円~10万円は必要です。
地域によっても違ったりするので、同じ立場で出席する人に相談してみるといいでしょう。

その御祝儀を入れるのに必要なのが、御祝儀袋です。
金額が高いほど、袋の華やかさが変わります。
今では、ほとんどが御祝儀袋にいれる金額が書かれています。
なのでそちらを参考にして選ばれるといいでしょう。
特に選ぶときに、金額が少ない時は豪華になり過ぎない御祝儀袋を選ぶようにしましょう。

今では、風呂敷として後から使えるタイプの御祝儀袋などもあります。
紙でできた御祝儀袋の場合は、ほとんど捨てられてしまいます。
でも風呂敷やハンカチのようにのちに使ってもらえる物は、招待側にも思い出の品として残り喜ばれています。
結婚披露宴のベストシーズンはいつなのか?
よかったらこちらを参考にしてください。
また様々な結婚式場のスポットを紹介しているこちらのサイトhttp://www.oneblushingbride.com/favors-references.htmlを是非ご覧ください。