革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

社会人の冠婚葬祭必需品         

社会人になるということは、1人の人間として社会に関わっていくということです。
特に就職した場合、会社でのお付き合いが増えてきます。
なかでも冠婚葬祭は、社会人になると特に増えてきます。
社会人になった記念に、いつ冠婚葬祭に参列することになったとしても大丈夫なように準備しましょう。

まず一番先に揃えておくべき冠婚葬祭の必需品は、礼服です。
ブラックフォーマルとも言われています。
特に男性の場合は、結婚式などのお祝いの席やお葬式などのお悔やみの席でも着られます。
なので、着る頻度がとても多い大切な正装着です。
なるべく早く揃えておくことおすすめします。
同時に結婚式・お葬式のネクタイなどの小物一式も、同時にしっかり揃えておきましょう。

女性の場合もブラックフォーマルは、必需品の一つです。
今では親族でも喪服を着る人が少なくなっています。
なのでブラックフォーマルは、着る機会がとても多いです。
女性の場合、お葬式やお通夜などお手伝いとして動くことも多いです。
シンプルで、動きやすいものを選んでおくと安心です。

女性の場合は、葬儀できる場合がほとんどです。
急な参列に対応できるように、黒のストッキングも一緒に用意しておきましょう。
またそのほかの小物で、黒のバックと靴も用意しましょう。
どちらもエナメル質などの光沢のあるもの、金やシルバーの金具のあるものは避けておきましょう。

また首元には、必ず真珠のネックレスをします。
真珠の種類も様々ですが、花珠のイヤリングと三点セットになった物が売られています。
年齢にあわせた色目があるので、気をつけて用意しておきましょう。

また男女共通して用意するべき物は、数珠と袱紗です。
葬儀では、どの宗教なのか知らないことが多いです。
なので、一番多いといわれる仏教で使われる数珠は用意しておきましょう。

袱紗においても御祝儀・お香典などを包むために必要です。
シルク100パーセントのものがおすすです。
金や銀などで華やかな祝い事と落ち着いた色目の無地のお悔やみ用と二種類あります。
今では慶長両用の物あるので、そちらを用意しておくと安心です。
結婚披露宴でおくる記念品について詳しくはこちらhttp://www.grandrapidstango.com/11wedding.html