革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

変わりゆくお祝いの形         

結婚式のお祝いの形として、昔からタブーとされている物があります。
それは、ガラスや食器などの割れる物です。
割れるのもは、別れる、壊れるといった意味があり、結婚式のお祝いの場にはふさわしくない物とされました。
またお金や商品券などの金銭的なお祝いではなく、物でお祝いを渡すのがよいとされていました。

しかし最近では、こういったタブーが少しづつ変わってきています。
まず大きく変わったのは、ガラスなどの割れる物でもプレゼントとして渡す人が増えているということです。
ただしこの場合、よく耳にするようなブランド物の高級なガラス製品などが多いです。
やはり自分では購入しないけれども、プレゼントでもらったら喜ばれるものですよね。
なので、新郎新婦の結婚記念日などの特別な日に、大事に使って欲しいという気持ちが含まれています。

またそれでもやはり割れもが気になるという方は、陶器の物を選ぶといいでしょう。
陶器の中でも、割れにくいとされている物を選ぶことで、二人の絆が固いなどの意味合いがあります。
このようなプレゼントの場合は、必ず対になるように贈るのが常識です。
お二人の新婚生活の為にも一緒に使ってもらえるように対で選ぶようにしましょう。

また新生活にと、ブランドの鍋などのキッチン用品を贈るのもとても人気です。
最近では、華やかな色のキッチン用品が増えてきましたので毎日の料理が楽しくなる、そんなプレゼントは嬉しいですよね。

他には、今まで避けられていた現金などで送る人も増えてきています。
特に何を送ったらいいのか迷う時、色んな人からお祝いをもらうだろうと思うとなかなか選べない人もいます。
一番は本人にリサーチできるのがいいのですが、必ずしもできるとは限りません。
なのでそんな時は、
「これで何か記念になる物を選んでください」と一言添えてお渡しするといいでしょう。
現金だと生々しいと抵抗がある方は、商品券などにするといいでしょう。
それも気になる方は、カタログギフトなどを利用するといいでしょう。

現実的に考えて、結婚祝いをもらったら、お祝いのお返しをしなくてはいけません。
物でもらうとお返しの分の出費が新郎新婦の負担になりますが、現金であればお返しする額も明確でお返しの費用としても使えます。
現実的ですが、意外に喜ばれると思いますよ。
こちらのお色直しの回数による所要時間の解説も大変参考になりますので是非、ご覧ください。