革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

媒酌人・仲人の役割         

仲人とは、結婚に至るまでにお見合いなど新郎新婦の仲を取り持つ役目をいいます。
媒酌人とは結婚式当日、結婚式が滞りなく行われるよう、新郎新婦に付き添う役割があります。
最近の結婚式や披露宴では、媒酌人を立てて行うことが少なくなりました。
でも中には、格式が高い式にしたい人もいます。

また新郎新婦にとって、結婚にたるまでに支えてくれた御夫婦や尊敬している御夫婦に立ち会って欲しいと願う人もいます。
媒酌人を立てない式が増えてる中、媒酌人をお願いされるということは、それだけ新郎新婦にとって大切な存在と言うことです。
だからこそ媒酌人をお願いされた場合は、快く引き受けてあげましょう。
ただし、媒酌人は結婚式当日だけでなく、事前の準備なども必要です。
なので時間が無く、精神的に余裕がない場合は、失礼が無いように丁重にお断りしましょう。

まず事前準備としては、結婚式当日の新郎新婦の紹介という大役があります。
そのスピーチの為に、新郎新婦の経歴・慣れ染め・人柄などとしっかり把握しなくてはいけません。
それらを参考に、媒酌人としてのスピーチを考えなくてはいけません。
最低でも結婚式の一週間前までには作り上げ、一度新郎新婦に確認してもらうといいでしょう。

結婚式当日はまず会場に早めに着き、新郎新婦の御両家にあいさつに行きます。
それから一通りのあいさつが済んだら、御主人は新郎側で、ご婦人は新婦家でそれぞれ待機します。
この時に両家の親族の紹介を行う場合は、進行役が媒酌人の役割です。

挙式の際は、新郎の後に媒酌人が入場します。
教会式の場合は、立会人としてサインを一緒にします。
挙式後の披露宴での役割が一番多いのが、媒酌人です。
まず披露宴が始める前に、司会者との打ち合わせなどもしておきましょう。

披露宴会場へのお出迎えも、新郎新婦とともに行います。
そして入場も一緒に行います。
その時から媒酌人のご婦人は、新婦のそばで式中は新婦に付き添うという形になります。
和服ではあるきやすいように手を取り、階段などでは着物の裾を持ち上げたりなどフォローします。
特に披露宴などで緊張してしまっている場合は、精神的にリラックスできるように声をかけてあげることが重要です。

そして一番の大役の新郎新婦のご紹介のスピーチを行います。
落ち着いた口調で、ゆっくりと焦らず丁寧に一文づつ読み上げていくようにしましょう。
スピーチが終わったら、あとは披露宴がお開きになるまで、新郎新婦のサポートをしていきます。
媒酌人の御婦人は、新婦のお色直しの為の退場に付き添ったりします。

披露宴後は、新郎新婦の御両家とともに並んでお見送りもします。
お見送りが終わったら、気を使わせないようなるべく早く帰るようにしましょう。

新郎新婦にとって、一生に一度のよき日のサポートに徹するのが媒酌人です。
また結婚式後も長いおつきあいが続くので、今後のお二人を大切に見守っていきましょう。

気になる招待人数について詳しくはこちらhttp://www.komsusiteler.com/guest.html